2020.11.26撮影

認知症になっても住み慣れた地域で自分らしい生活を末永く続けていただくことが我々の願いです

認知症疾患医療センター』は、認知症に関する診断、認知症に伴って現れる妄想や気分の落ち込み・怒りっぽさといった症状(BPSD)や身体合併症への対応、そして専門医療相談を行う医療機関です。また、認知症の予防や早期発見・早期治療について広くその重要性を知っていただくための講演活動なども行っています。
加藤さんからは、認知症疾患医療センターである加藤病院独自の取組として、認知症予防の効果を期待して平成29年度から竹田市と共同で開催している、有酸素運動を主とする健康的な生活習慣を学び習慣化するための教室についてのお話も伺いました。
三浦さんより、「県内8か所あるすべての認知症疾患医療センターには相談員がいます。相談員への相談は無料ですので、ご相談をお待ちしています。」とご紹介をいただきました。