おおいた認知症きぼうフォーラム ~自分で決めて、掴む希望~

大分県では、認知症になっても住み慣れた地域で、自分らしく暮らすことができる社会の実現と地域づくりを進めるため、『おおいた認知症フォーラム』を開催します。

今年度は、宮城県仙台市でおれんじドア(認知症ご本人のためのもの忘れ総合相談窓口)代表をされておられる若年性認知症当事者の丹野智文さん、日田市で認知症のご主人と暮らしておられる諌山光江さん、ケアマネジャーとして普段からご本人・ご家族の支援に携わられている古賀周一郎さんの3名をパネリストにお迎えし、ご本人・ご家族・専門職それぞれの立場から、「意思決定」をテーマにお話いただきます。

認知症のご本人・ご家族の皆様、医療・介護従事者の皆様、行政の皆様のほか、地域で暮らすたくさんの方々のご参加を、心からお待ちしております!

日時・開催方法

令和5年3月11日(土)14:00~16:00
オンライン(Zoom)及び会場(県庁本館2階 正庁ホール)
※参加無料、会場参加の定員は60名

プログラムと出演者

1.開会
大分県福祉保健部高齢者福祉課長 阿部 剛 あいさつ

2.講演・パネルディスカッション~自分で決めて、掴む希望~

コーディネータ-
井上 雅公 大分県医師会 常任理事
小野 光美 大分大学 医学部看護学科 准教授

パネリスト

 講演1:当事者

  宮城県仙台市 若年性認知症当事者・おれんじドア代表 丹野 智文さん

 講演2:ご家族

  日田市  諌山 光江さん

 講演3:専門職

  介護福祉支援センター富士見が丘所長・主任介護支援専門員  古賀 周一郎さん

4.閉会

 

お申込み

お申し込みは下記URLよりお申し込みください。
どなたでもお申し込みいただけます。

申込期限 2023年3月3日(金)
Zoom参加の方には、お申し込み受付後(3月3日以降)、事務局からZOOMウェビナ-参加URLをお送りします。

皆さまのご参加、お待ちしております!