認知症早期発見のめやす

日常の暮らしの中で、認知症ではないかと思われる言動を、「家族の会」の会員の経験からまとめたものです。医学的な診断基準ではありませんが、暮らしの中での目安として参考にしてください。
いくつか思い当たることがあったら、地域包括支援センターや医療機関などに相談してみましょう。

もの忘れがひどい

  • 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる。
  • 同じことを何度も言う・問う・する。
  • しまい忘れ・置忘れが増え、いつも探し物をしている。
  • 財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う。

判断・理解力が衰える

  • 料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった。
  • 新しいことが覚えられない。
  • 話のつじつまが合わない。
  • テレビ番組の内容が理解できなくなった。

時間・場所がわからない

  • 約束の日時や場所を間違えるようになった。
  • 慣れた道でも迷うことがある。

人柄が変わる

  • ささいなことで怒りっぽくなった。
  • 周りへの気づかいがなくなり頑固になった。
  • 自分の失敗を人のせいにする。
  • 「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた。

不安感が強い

  • ひとりになると怖がったり寂しがったりする。
  • 外出時、持ち物を何度も確かめる。
  • 「頭が変になった」と本人が訴える。

意欲がなくなる

  • 下着を替えず、身だしなみを構わなくなった。
  • 趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった。
  • ふさぎこんで何をするのもおっくうがり、いやがる。

認知症は、早く見つければ、それだけ進行を遅らせる可能性があります。