認知症サポーターとは

認知症に対する正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の人やその家族に対してできる範囲で手助けする「認知症サポーター」を養成し、認知症高齢者等にやさしい地域づくりに取り組んでいます。

認知症サポーター数

全国  13,017,997人 (令和2年12月31日時点)
大分県  139,401人 (令和2年12月31日時点)

認知症サポーターになるには

市町村などが実施する「認知症サポーター養成講座」(概ね90分)を受講します。
「認知症サポーター養成講座」では、認知症の症状、診断・治療、認知症の人への対応、認知症サポーターが地域でできる活動事例などを学びます。

 ※「認知症サポーター養成講座」の受講を希望される場合は、お住まいの市町村の高齢者福祉担当課にお問い合わせください。
 ※大分県では、大分県社会福祉介護研修センターにおいて月に1回開催しています。
   お問い合わせ先:大分県社会福祉介護研修センター(〒870-0161 大分県大分市明野東3丁目4番1号)
           電話番号 097-552-6888